よくあるご質問

earsopen®全般に関するご質問

Q.聞こえに不安がありますが、本製品を使用すると聞こえますか?
A. 多くのお客様から、聞こえるようになった、とのありがたいお声をいただいております。
ただ、全ての方にお約束できるわけではありませんので、お取り扱い店舗で、あらかじめご試聴していただくことをおすすめいたします。HA-5/5Sに関しましては、7日間無料でお貸し出しを行っております。
お申し込みの際はこちらをご覧ください。
※試聴の際は事前に各店舗にお問い合わせください。 時間をかけてご試聴していただくことで、身体が慣れて、聞こえるようになる方もおられるようです。
Q.水に濡れても大丈夫ですか?
A. 突然の雨やスポーツ時の汗など、日常生活でご使用いただく際の多少の水濡れにつきましては、問題ありません。 ただし、水泳など水中でのご使用には対応しておりません。(生活防水機能は備えておりますが、完全防水ではありません)
Q.ボリュームを大きくして使用すれば、振動が大きいのですが、故障でしょうか?
A. 本製品は振動で音を伝える製品ですので、ボリュームの大きさに伴いまして振動も大きくなってまいります。故障ではありません。
Q.音が出なくなりました。
A. ■WR-3 WR-5(音楽用有線タイプ)の場合: -ジャックの奥まで接続してください。 -接続機器のボリュームを上げてください。 ■BT-5(音楽用Bluetoothタイプ)/HA-5(音楽+会話用Bluetoothタイプ)/HA-5S(会話用)の場合: -バッテリー残量が少ない場合があります。充電をしてください。 -本機と接続先機器との距離が離れていると音が聞こえません。10m以内に近づけてください。 -意図しない機器と接続している場合があります。ペアリングを再度行ってください。
Q.骨を振動させることで、人体に何か影響がありますか?
A. 多くの研究によると、骨伝導が人体に害を与えることはないものとされています。 骨導音は人が声を出すたびに発生している自然な音で、特別なものではありません。 通常、人は自分の声を骨伝導を通して聴いています。安心して骨伝導製品/earsopenをご使用ください。
Q.骨伝導イヤホンは一般的に音漏れがひどいと言われておりますが、earsopenはどうですか?
A. earsopenには、独自開発した最先端デバイスを搭載しており、これまでの骨伝導イヤホンに比べて、音漏れはかなり少なくなっています。 通常の音量でご使用いただく場合、周囲の方はほとんど気にならない程度です。 騒音環境下でご使用の場合は、大音量で使用するため多少の音漏れが発生しますが、周囲の騒音と比較すると問題はありません。
Q.骨伝導イヤホンはあまり音楽用には適さないと聞いたことがあります。earsopenはどの程度聴こえるものなのですか?
A. earsopenには、当社が独自技術で開発した最高レベルの出力(周波数特性4Hz〜40,000Hz)を実現するearsopenデバイスを搭載していますので、十分に音楽を楽しんでいただくことができます。
Q.earsopen(クリップタイプ)の装着方法が分かりません。
A. こちらの装着方法ガイドをご覧ください。
ユーザーガイド
Q.屋外で使用できますか?
A. 基本的には静かな屋内と騒音の大きくない屋外でのご使用をおすすめしています。 earsopenは「耳を塞がずに聴くスタイル」であるため、周囲の環境音(他人の会話音を含む)が、イヤホンで聴いている音源と同時に耳に入ります。あまりに騒音の大きな環境下では、イヤホンからの音を聴きづらく感じる場合が多くなります。
Q.周囲への音漏れはありますか?
A. 他社の製品に比べて格段に音漏れを抑えています。近くであれば僅かに聞こえる程度です。

WR-3(音楽用 有線タイプ)

Q.音量が小さい。スマートフォンの音量を最大にしないと音量に満足出来ないのはなぜですか?
A. 骨伝導イヤホンは音を振動で伝えるため、振動デバイスを駆動しなければならず、駆動用のパワーが必要となります。 そのため、通常の空気伝導式のイヤホンと比べて、接続した音響機器の音量(出力パワー)を大きくする必要があります。 また、earsopenの出力音量は、接続した音響機器の出力に依存します。 <使用時のご注意点> ① スマートフォンでご利用いただく場合はiPhoneに接続してご使用することをお勧めします。 ② Androidスマートフォンに接続してご使用される場合は、「EO Booster」という当社開発の無料アプリをインストールいただき、併用してください。EO BoosterはAndroidスマートフォンの音量(出力パワー)を大きくするためのアプリです。ただし、Androidスマートフォンは、製造メーカーや機種によって機器の音量出力が異なります。極端に出力の小さな機種もあるため、機種によっては十分な音量を得られない場合があることにご注意ください。 ③ PCやゲーム機器などに接続してご使用いただく場合も、機器によって出力が異なるため、利用機器によっては十分な音量が得られない場合があることをご了承ください。
Q.周囲の音が大きい場所や、ゲーム機やTV等イヤホンアンプ出力の小さな接続機器で使用する場合、どうすればいいですか?
A. ポータブルヘッドホンアンブ「WBA-1」との併用をお勧めいたします。 詳しくはこちらをご覧ください。
Q.接続ジャックは「OMTP」、「CTIA」どちらですか?
A. 「CTIA」です。
Q.接続ジャックの大きさ、形状を教えてください。
A. Φ3.5mm 4極 ステレオミニジャック(ストレート型)です。
Q.タッチノイズ(擦れ音)はありますか?
A. 耳を塞がずに装着するためタッチノイズの影響は小さいと思われます。
Q.マイクはありますか?
A. 通話用マイクをリモコン部分に内蔵しており、電話通話等にご利用いただけます。
Q.ケーブルの長さは?
A. 約1mです。

WR-5(音楽用 有線タイプ)

Q.WR-3との違いは?
A. WR-3は耳たぶの上の軟骨に挟んで聞く、クリップタイプの形状ですが、WR-5は耳の裏側の骨を振動させて聞くフックタイプの形状になります。 WR-5には小型高出力アンプ WPA-1を同梱していますので、より高音質で迫力のあるサウンドを楽しめます。 また骨伝導デバイスもアップデートしています。
Q.リモコンはありますか?
A. あります。マルチファンクションボタンを採用しており音量の調整や曲送りなどが可能です。一部の機器に対応していない場合があります。
Q.有線タイプのケーブル長は?
A. 約110cmとなっております。
Q.マイクはありますか?
A. 通話用マイクをリモコン部分に内蔵しており、電話通話等にご利用いただけます。
Q.接続ジャックは「OMTP」、「CTIA」どちらですか?
A. 「CTIA」です。
Q.接続ジャックの大きさ、形状を教えてください。
A. Φ3.5mm 4極 ステレオミニジャック(ストレート型)です。
Q.小型高出力アンプ(WPA-1)はearsopen®以外のイヤホンでも使用可能ですか?
A. 使用可能です。その際は、接続先機器と本機の音量を最小に変更し、ステレオミニプラグにて接続後、音量調整を行ってください。
Q.小型高出力アンプ(WPA-1)のバッテリー持続時間は?
A. 連続再生可能時間は、約6時間です。
Q.小型高出力アンプ(WPA-1)の充電方法は?
A. 市販のマイクロUSBケーブルで充電します。マイクロUSBケーブルが接続可能なパソコンなどから充電可能です。 充電時間は約1.5時間です。
Q.眼鏡と併用できますか?
A. 可能です。こちらをご参照ください。https://greenfunding.jp/lab/projects/2495/activities/6559

WBA-1(ポータブルヘッドホンアンプ)

Q.スマートフォンなどの接続機器と、どうやって接続するのですか?
A. Bluetooth(ワイヤレス)/ Line-inの両方での接続が可能です。
Q.earsopen®有線イヤホン以外のイヤホンでも使用可能ですか?
A. 使用可能です。その際は、接続先機器と本機の音量を最小に変更し、Bluetoothまたはステレオミニプラグにて接続後、音量調整を行ってください。
Q.バッテリー持続時間は?
A. 連続再生可能時間は、約8時間です。
Q.充電方法は?
A. 付属のマイクロUSBケーブルで充電します。マイクロUSBケーブルが接続可能なパソコンなどから充電可能です。充電時間は約2時間です。
Q.WR-5と同梱しているWPA-1と併用できますか?
A. 可能です。
Q.WPA-1との違いは?
A. WPA-1は有線接続のみですが、WBA-1はBluetooth接続と有線接続、両方でご使用いただけます。また、WBA-1はWR-3、WPA-1はWR-5との組み合わせ時に最良の音質調整をしております。

BT-5(音楽用 Bluetoothタイプ)

Q.充電方法を教えてください。
A. 付属のマイクロUSBケーブルで充電します。マイクロUSBケーブルが接続可能なパソコンなどから充電可能です。充電時間は約1.5時間です。
Q.バッテリーの持続時間を教えてください。
A. 約10時間です。
Q.ハンズフリーで利用をすることはできますか?
A. Bluetoothで接続しておくことで、ハンズフリーで電話通話や音楽鑑賞を行うことができます。
Q.電源が入りません。
A. バッテリー残量が少ない場合があります。充電をしてください。
Q.イヤホンパーツは何を選べますか?
A. 別売の骨伝導イヤホンパーツ HKA-1002(フックタイプ)を付属品と交換することで、ご使用可能です。

HA-5(音楽+聴覚補助用 Bluetoothタイプ)

Q.充電方法を教えてください。
A. 付属のACアダプター、マイクロUSBケーブルで充電します。マイクロUSBケーブルが接続可能なパソコンなどから充電可能です。充電時間は約1.5時間です。
Q.バッテリーの持続時間を教えてください。
A. 音楽再生時は約10時間 集音時は約11時間です。
Q.ハンズフリーで利用をすることはできますか?
A. Bluetoothで接続しておくことで、ハンズフリーで電話通話や音楽鑑賞を行うことができます。
Q.電源が入りません。
A. バッテリー残量が少ない場合があります。充電をしてください。
Q.会話用機能を使用した場合に、TVの音が聞こえにくいです。
A. 市販品[Bluetoothオーディオ送信機]をご購入の上、 TVのヘッドホン出力をBluetoothの送信機と接続することで、TVと本機が直接つながり、TVの音が聞きやすくなります。 ただしその間会話用機能はお使いできません。
Q.会話用機能使用時の遅延時間を教えてください。
A. 音声処理の時間を要するため、約0.03秒(約30msec)程度音声が遅延いたします。
Q.補聴器のように購入後の聴こえに対する調整(メンテナンス)は必要ですか?
A. earsopenは、最先端骨伝導デバイスを搭載している製品のため、ご購入後の聴こえに対する機器の調整(メンテナンス・手入れ)は、不要です。
Q.音楽用イヤホンとして使うことはできますか?
A. Bluetooth 機器と接続することで、接続した機器の音楽を聴くことができます。
Q.会話機能と音楽機能の切り替え方が分かりません。
A. 電源を投入すると自動的に会話機能がONになります。 スマートフォン等の接続機器とペアリングし、接続機器の音楽アプリを再生すると、自動的に会話機能がOFFとなり、音楽機能がONになります。 音楽アプリを停止すると、数秒で自動的に会話機能がONになります。 ※音楽アプリを停止した際の会話機能への切り替えについて、スマートフォンの機種や利用しているアプリによっては数十秒かかる場合がありますので、ご了承ください。機械故障ではありません。
Q.会話機能を使うためには別途機器(集音機器など)が必要ですか?
A. ネックバンド先端左右に集音マイクを計2個搭載しておりますので機器の追加は必要ありません。
Q.イヤホンパーツは何を選べますか?
A. 別売の骨伝導イヤホンパーツ HKA-1002(フックタイプ)CLA-1002(クリップタイプ)INA-1002(インタイプ)を付属品と交換することで、ご使用可能です。

HA-5S(聴覚補助用イヤホン)

Q.HA-5との違いは?
A. HA-5Sは左右の集音マイクで周囲の音を拾い、骨から音を伝える機能のみとなりますので、より簡単にご使用いただけます。 スマートフォンなどとペアリングして、電話通話や音楽鑑賞を行うにはHA-5をご使用ください。
Q.バッテリーの持続時間を教えてください。
A. 約11時間です。

Bluetoothに関するご質問

Q.Bluetoothで接続とは何ですか?
A. 有線ケーブルを必要とせず、無線でスマートフォンやPCとイヤホン等を接続できる機能です。 Bluetoothの電波をさえぎる障害物のない、約10m以内の距離であれば、イヤホン等から音楽を聞くことができます。
Q.ペアリングとは?
A. Bluetooth機器を使用するには、はじめにBluetooth機器同士を「ペアリング」する必要があります。 一度ペアリングしてしまえば、二回目以降の接続時にはペアリングの必要はありません。
Q.ペアリングができない。解消方法を教えてください。
A. ■解決方法1 earsopenがペアリングを受け付けられる状態(ランプが青色で早く点滅)になっているか確認してください。
この状態にない場合は、earsopenの電源をOFFにし(ランプは消灯)、電源ボタンを長押し(2秒)してください。
ランプが点滅状態になったことを確認してから、接続機器とBluetoothのペアリングを行ってください。
■解決方法2 (earsopenを他の機器と接続したことがある場合は)別の機器と接続されている場合があります(複数の機器と同時にBluetooth接続することはできません)。
別の機器と接続したことがある場合は、別の機器のBluetooth機能をOFFにしてからペアリングしてください。
■解決方法3 earsopenと機器の接続に不具合がある可能性があります。
earsopen側のBluetoothのペアリング履歴を消去したうえで再度ペアリングしてください。
① ペアリング履歴の消去は、 earsopenが電源OFFの状態で、電源ボタンを長押し(5秒以上)してください。 ・「Power on」、「Ready to pair」、「Power off」の音声ガイダンスが順番に流れます。 ・ランプが消灯するまで押し続けてください。
② スマートフォンなどBluetooth機器に残っている本機の情報を削除してください。 詳しくは、それぞれの機器の取扱説明書をご覧ください。
③ 再度ペアリングをしてください。 ※ペアリング履歴を消去した場合、他の機器とのペアリングも解除されるため、それぞれの機器を利用する場合は再度ペアリングする必要があります。
Q.一度ペアリングできたが、再接続ができなくなりました。解消方法を教えてください。
A. earsopenと機器の接続に不具合がある可能性があります。 earsopen側のBluetoothのペアリング履歴を消去したうえで再度ペアリングしてください。 ① ペアリング履歴の消去は、 earsopenが電源OFFの状態で、電源ボタンを長押し(5秒以上)してください。 ・「Power on」、「Ready to pair」、「Power off」の音声ガイダンスが順番に流れます。 ・ランプが消灯するまで押し続けてください。 ② スマートフォンなどBluetooth機器に残っている本機の情報を削除してください。 詳しくは、それぞれの機器の取扱説明書をご覧ください。 ③ 再度ペアリングをしてください。
Q.Multi pairingは対応していますか?
A. 対応しております。
Q.Multi pairing(接続履歴) は最大何台ですか?
A. 8台です。
Q.Multi Pointに対応していますか?
A. 対応しております。例えば 本機と音楽用1台、通話用1台のような接続が可能です。接続機器側の対応状況は各々の取扱説明書等をご参照ください。
Q.Multi pointは同時に最大何台使用できますか?
A. 2台です。
Q.Bluetoothオーディオコーデックは何ですか?
A. SBC(Sub Band Codec)です。
Q.自分が持っているスマートフォンとのペアリングは問題ないが、別のスマートフォンに接続することができない。
A. 複数のスマートフォンと同時に接続することはできないため、ご自身のスマートフォンとの接続を解除したうえで、新しくペアリングしてください。 ① ご自分のスマートフォンの Bluetooth 機能をOFFにして下さい。 ② earsopenの電源をOFFにした状態で、電源ボタンを1秒程度長押しし、earsopenのLEDランプを点滅状態にしてください。 ③ 接続したいスマートフォンとearsopenを新たにペアリングしてください。

商品の購入方法

Q.商品の購入方法についての質問
A. Webページに記載のお取り扱い店舗、またはオンラインショップでご購入いただくことができます。

アクセサリーパーツ、付属品販売に関して

Q.アクセサリーパーツ、付属品販売に関して
A. アクセサリーパーツ、付属品販売に関してましては、オンラインショップでご購入いただけます。

お問い合わせ先

Q.商品のご購入、ご試聴に関するお問い合わせ
A. お客様相談窓口までご連絡ください。 ナビダイヤル:0570-099330(10時~17時 土・日・祝日・弊社休業日を除く) FAX:03-6225-2069 mail:support@boco.co.jp
Q.アフターサービスについての質問
A. 初期不良・故障時のお問い合わせ先/修理の依頼については、 電話:03-6225-2099(10時~17時 土・日・祝日・弊社休業日を除く) FAX:03-6225-2069 mail:support@boco.co.jp