menu

- news

pick up

2018.10.05

世界初、イヤーフック型骨伝導イヤホン『earsopenⓇ』クラウドファンディング第二弾プロジェクトがスタート!

骨伝導技術を活用したデバイスメーカー、BoCo株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:謝端明)は、10月5日よりCCC(TSUTAYA)グループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING(グリーンファンディング)」にて、鼓膜を使わずに音を聴く新世代骨伝導イヤホンシリーズ「earsopen®」の最高峰機種となる「フックタイプ」(WR-5A HK-1002)プロジェクトを掲載開始いたしました。

プロジェクトページ:https://greenfunding.jp/lab/projects/2495

earsopen® は骨を通じて音を聴くことで、耳をふさがない(鼓膜を使わない)骨伝導イヤホンです。

BoCo社では、自社の誇る最先端の骨伝導(bone conduction)技術と独自の音声制御技術を融合することで、業界最高の音質を実現。耳をふさぐことなく音楽が楽しめるリスニングツールを開発したい、その強い思いから、高音質で安心・安全なイヤホンを皆様にお届けするために長年研究を重ね、開発に至りました。

「フックタイプ」(WR-5A HK-1002)はより安全で音楽と一体となったリアルな感覚を味わえるプロダクトです。






●GREEN FUNDING

CCC(TSUTAYA)グループの株式会社ワンモアが運営するクラウドファンディングサイト。全国約1,500店舗のエンタテインメントストア「TSUTAYA」や「蔦屋書店」と連携し、ガジェット・雑貨・映画・出版・音楽など様々なジャンルのプロジェクトを掲載。現在40のパートナーと共に、840を超えるプロジェクトに総計13億円以上の資金調達をサポートしています。

 

●BoCo株式会社

BoCo株式会社は製品の基礎特許を有するゴールデンダンス社の技術を使い、SONYオーディオ事業部で開発・設計を行っていた音への強いこだわりを持ったメンバーが中心となって商品を開発しています。代表取締役をはじめ、異なる経験豊かな人材が集まり、今まで世の中にないものを日本で開発・製造することを目指し、骨伝導イヤホンを商品化いたしました。日本国内を代表できるトップクラスの高い技術を持つ会社として、経済産業省 「飛躍Next Enterpriseプロジェクト」「内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017」に採択されました。